がん保険の概要

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

がん保険ですが、これは第三分野の保険商品(一分野は、生命保険区分です。二分野は、損害保険区分となり、自動車及び火災保険が該当します)とされており、生命保険や損害保険を扱う保険会社でも取り扱いはされています。また、第三分野の保険商品ですが、就業不能に陥った場合に、障害を補償してくれる保険が在ります。

この保険ですが、医療保険の民間版と言った方が無難とされています。癌であったと診断された場合や癌の手術をした際に、保険会社から保険金が給付されるのががん保険の特徴とされています。 がん保険の給付内容ですが、診断と手術を受けた際に出される給付金だけでなく、放射線の治療を受けた際に出される給付、入院日額給付、それと通院給付が在ります。がん保険の保険料ですが、一般的には、年齢が上がって行くに従い負担増となるのが特徴的となっています。

がん保険に加入できる年齢ですが、20歳以上の成年者が対象となっています。ただ、一部の保険会社では未成年者でも加入できるという商品が在ります。40代になるまでは、保険料は月額で千~2千円未満となっている事が多いです。ただ、40代以上となると月額で2千円以上となり、特に60代となると一ヶ月当たり一万円近い水準となるのが特徴的となっています。

About 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です