カテゴリー: 未分類

がん保険の相談窓口

がん保険は、年齢が上がるに従って月額の保険料が上がるというのが特徴的となっています。この事は知っておく知識としては必須であり、保険会社によっては癌の定義は異なるのでこの点も踏まえた上で契約をするかどうかを考えなければなりません。 がん保険に加入するかどうかですが、当該商品を販売している保険会社に相談をするのが良いかもしれません。ただ、「癌の定義が異なる保険」という事を理解している人であれば、販売者である保険会社に相談をするのは避けるべきと考えているようであり、第三者的な立場に在るファイナンシャルプランニングの専門家に相談をした方が無難といえます。

第三者であれば、中立的な立場となります。保険会社の関係者等であれば、「この保険に入った方が、安心できます」と勧誘をする事が在るので申し込みをする立場の人にとっては都合が悪い事は少なくありません。ファイナンシャルプランニングの知識が豊富な第三者を選ぶべきであり、必要に応じて当該知識に関する資格を持っている専門家であれば、心理的に安心ができ保険の見直し相談についてじっくりと考えて話すことができます。 また、必要に応じて保険相談をしてくれる業者に相談をするのも良さそうです。その場合、親身になって相談に応じる専門家を選んだ方が無難といえそうです。

がん保険の概要

がん保険ですが、これは第三分野の保険商品(一分野は、生命保険区分です。二分野は、損害保険区分となり、自動車及び火災保険が該当します)とされており、生命保険や損害保険を扱う保険会社でも取り扱いはされています。また、第三分野の保険商品ですが、就業不能に陥った場合に、障害を補償してくれる保険が在ります。

この保険ですが、医療保険の民間版と言った方が無難とされています。癌であったと診断された場合や癌の手術をした際に、保険会社から保険金が給付されるのががん保険の特徴とされています。 がん保険の給付内容ですが、診断と手術を受けた際に出される給付金だけでなく、放射線の治療を受けた際に出される給付、入院日額給付、それと通院給付が在ります。がん保険の保険料ですが、一般的には、年齢が上がって行くに従い負担増となるのが特徴的となっています。

がん保険に加入できる年齢ですが、20歳以上の成年者が対象となっています。ただ、一部の保険会社では未成年者でも加入できるという商品が在ります。40代になるまでは、保険料は月額で千~2千円未満となっている事が多いです。ただ、40代以上となると月額で2千円以上となり、特に60代となると一ヶ月当たり一万円近い水準となるのが特徴的となっています。

がん保険見直し

会社員ないし被用者全般であれば健康保険(大企業等であれば、健康保険組合となり、一般の健康保険よりも手厚い保障となります)、それ以外の人であれば国民健康保険に加入し、国等が被保険者を保護してくれる事になっています。ただ、この、国等が運営している医療保険等ですが、最低限のケアであれば受けられる事になっています。一般的に、被用者やそれ以外の人は、必要に応じて民間保険の医療関係の保険商品に加入をする事が在ります。

民間保険に加入する理由ですが、それは社会保険よりも手厚い保障が受けられるという事です。手厚い保障ですが、それは入院をした場合や通院に対して生活保障のための給付金が出るという事です。また、手術をしたり、癌である事が判明した場合は被保険者に対して生活保障という意味で別途、保険金が出る事が在ります。

民間の医療保険等ですが、がん保険が特に注目をされています。この保険ですが、見直しをした方が良いとされています。その理由ですが、民間の各種保険を取り扱う保険会社によって、癌の定義が異なると言われているからです。定義が異なるのは知っておくべき知識であり、各々の保険会社のパンフレットは観察しなければなりませんし、この知識は必須となります。

また、癌自体、高齢になれば発症率が高くなるとされており、保険料に関しては加齢によって上昇をするという恐れも付きものとなっています。 ここで、高齢という言葉が気になりますが、これは高齢者(一般には、65歳以上とされているようです。介護保険では、60歳は現役世代とみなされます)を意味するように思われますが、50代に関しても該当をしています。一般的には、50代となれば保険料は上がる恐れが在ると思った方が良いでしょう。また、保険見直しで他の保険会社の保険商品に加入をした方が良い場合は少なくありません。